ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス 感想

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス

こちらも原題は「Guardians of the Galaxy Vol. 2」らしいです!
邦題ではVol.2ではなくリミックスとしたみたいですね!
でも、リミックスの意味は・・・?と思って調べてみました!
「複数の既存曲を編集して新たな楽曲を生み出すこと」らしいのですが、よくわかりませんでした・・・
リズム天国というゲームに「リミックス」という曲がありましたが、あんな感じなのかな?
でも、今回のガーディアンズ・オブ・ギャラクシーは別に既存の何かを編集したりしてないような・・・?
でも、題名としては「リミックス」でしっくりきますね!

ひたすらにグルートが可愛かったです!
一人称も僕になってましたし、ロケットとヨンドゥが捕まった時もだいぶ活躍してましたね!
ただエンディングのあたりで反抗期に突入しているような雰囲気が・・・
ああ、グルート・・・

あとヨンドゥが死んじゃいました・・・
あの口笛に反応する矢はすごい強かったですし、割といい人だったのに・・・
血はつながっていないとはいえクイルを息子にように思っての行動だったのかな・・・?
ふうむ、クイルは実の父と育ての父の両方を同時に失ったのですね・・・
ただエゴはそんないい人そうではありませんでしたし、クイルはそんなにというか全く悲しんでいなさそう?

ドラックスは相変わらずいいキャラしてますね!
彼のせいで場が引っ掻き回されることもありますが、和んだり笑えたりするのでいい感じ!
とても純粋?

そういえばロケットってすごい!
何でも作れちゃうイメージ!
盗難癖や性格に多少は難ありって感じですが、仲間想いですし、グルートの言葉は理解してますしいいキャラ!
ん、なんでロケットはグルートの言葉が分かるんでしょうか・・・?
前作でなんか言っていたかな・・・?

次回作ではソヴリンの女王様が敵なのかな?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です