カーネギー自伝 アンドリュー・カーネギー著 坂西志保訳 感想

カーネギー自伝
アンドリュー・カーネギー著
坂西志保訳

2回目です!
2回読んでも素晴らしい!

以下、ネタバレを含んだ感想となります!

築いた富を教育機関や図書館の設立に使うのは素晴らしいです!
カーネギーがいたおかげで本が簡単に読める時代になったのかも!
これは感謝しかない・・・

努力によってのし上がったカーネギーはかっこいいです!
さらに従業員に親しげに接する姿もかっこいい!
これが一流の経営者?

ああ、自伝が途中で終わってしまったのは残念です・・・
カーネギーの締めくくりの言葉を読んでみたかった・・・
カーネギーならなんて書いたかな?
道徳について?
教育について?
はたまた平和について?
カーネギーならいいことを言いそう!

書かれたのは約100年も前!
それがいまだに読まれているということはカーネギー自伝は素晴らしい本なのですね!
ん、これは古典に入るのかな・・・?

私にも何かできるかな?
カーネギーのように図書館を建てることは厳しくても買った本をどこかに寄付するくらいはできそう?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。