カードキャプターさくら (アニメ版) 第四十八話「さくらとめざめた星の鍵」感想

カードキャプターさくら (アニメ版)
第四十八話「さくらとめざめた星の鍵」

魔法で起こされた異常気象。
記録には残りますし、科学者の方たちは頭をひねりそう・・・
こうして解けない謎が増えていく・・・

以下、ネタバレを含んだ感想となります!

エリオルくんもやるやつですねw
行動がかっこいいです!
優しさの化身!

盛り上がってますわね!
李くんが嫉妬している!
いや、もしかしたら警戒かもしれない?

雪兎さんの笑顔好き・・・
素敵ですよね!
すごい優しそうな笑顔です!
雪兎さんの人となりがあらわれてますね!

あ、眼鏡!
お父さん、雪兎さん、エリオルくんの共通点!
だから原作で似たような雰囲気を感じていたのかな?

ユエさんが守ってくれている!
原作とはちょっと違った展開ですね!
とっさに守ってくれるということは、ユエさん的にさくらちゃんをちゃんと主として認めているということかな?
そこまで言わなくても悪くは思っていなさそうですね!

動けなくするだけでなく、ケロちゃんとユエさんの魔法を無効化ですか・・・
せっかく元の姿に戻れたのに戦闘面では頼れないのかな?
今回もさくらちゃん一人でどうにかするしかない?
いや、李くんがいますよね!
二人で協力したら乗り切れそう!

む、まるで香港で会った水を使う女の人みたい・・・
クロウさんもこんなことをができるのですか!
他にもいろいろできるみたいですし、クロウさんのすごさがわかりますね!

カードも使えない・・・
と思ったら、カードは呪文で新しいものへと変化させるのですね!
これも原作とはちょっと違いますね!
結構な数のカードを封印しましたけど、全部さくらカードに変えていくのかな?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。