カードキャプターさくら (アニメ版) 第十三話「さくらとゾウの力くらべ」感想

カードキャプターさくら (アニメ版)
第十三話「さくらとゾウの力くらべ」

ん、これもまだ原作に出てきていないお話ですね!

以下、ネタバレを含んだ感想となります!

雪兎さんはいつもアメくれますねw
ポケットにいつも忍ばせているのかな?
あ、そういえば、すごいよく食べるきキャラでしたっけ・・・
だからかな?

動物園いいですね!
楽しいですよね!
生態を知るのも面白いですし、動き回っているのを見るのも好きです!
みんなのはしゃぐ気持ちがよくわかります!

ナマケモノ・・・
全然動かないんですよね・・・?
レポート書くの難しそう・・・

李くんは純粋ですねw
山崎くんの嘘にすぐ騙される・・・
だれか後で誤解を解いてあげているんですよね・・・?

あれ、利佳ちゃんは先生と恋仲じゃなさそう・・・?
先生と生徒の恋はアニメでは描きづらいのかな・・・
いや、でも、さくらちゃんのお父さんとお母さんは先生と生徒の結婚ですし、それが問題なわけではない?
じゃあ、尺やらお話の構成やらでカットしたのかな?

動物結構逃げ出してますね・・・?
これもかなりニュースになりそう・・・
友枝町周辺では怪異が続いていそう・・・

パワー。
え、小さい女の子・・・
あ、油断したらいけないのですね・・・?
でも、あの見た目だとつい油断しちゃいそう・・・

ゾウさん手伝ってくれてるw
さっきさくらちゃんが助けてくれたのかな?
義理堅いゾウさんです!

李くんは様子見?
いや、さっそくタイムを使っている!
時間が止まっていることは李くんしかわからないのです?
魔力のあるさくらちゃんやケロちゃんなら気付きそうなものですが、使っている本人にしか時間停止を感じられないと。
というか、これって実質李くんが捕まえたんじゃ?
カードが誰に屈服させられたと思うかということ?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。