カードキャプターさくら (アニメ版) 第二十五話「さくらともう一人のさくら」感想

カードキャプターさくら (アニメ版)
第二十五話「さくらともう一人のさくら」

久しぶりに原作のお話ですね!

以下、ネタバレを含んだ感想となります!

雪兎さんプロっぽい!
何でもできて雪兎さんは完璧超人です!
雪兎さんは美形で何でもできて、優しくてすごいモテそう!
李くんもいますし、さくらちゃんにはライバルが多そうですね!

うわぁ、なかなかにひどいいたずらをしますねw
犯罪かどうかのグレーゾーンなところがまた・・・
ミラーは分かっていてやったのかな?
知能犯・・・

左手って何か意味があるのかな?
魔力が宿りやすいとか?
それとも一般的に占いは左手でやるものなのかな?

一番上はウィンディー。
真ん中はシャドウ、ウォーティー、イリュージョン。
一番下はフラワー。
ほぼ原作と同じ展開ですね!
シャドウの捕まえ方が違うからそのあたりは省かれてましたね!

魔力が高くなってくると第六感も強くなるのかな?
んー、クロウカードの気配もわかるようになってきましたし、人の気配とかも探れるようになったとか?
親しい関係の人物だからという可能性もありますよね!
なんにせよさくらちゃんはどんどん成長していっていますね!

そういえば、バドミントンの件はありませんでしたね?
30分の枠に納めなければいけませんから削ったのかな?
んー、結構お話を重ねてさくらちゃんと李くんはもうあんまりいがみ合っていませんから、無い方が自然っちゃ自然な気もしますね!

あ、観月先生!
ついに登場!
オリジナルのお話をちょいちょい挟みながら原作と同じ展開になってきましたね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。