カードキャプターさくら (アニメ版) 第三十二話「さくらとケロと小狼と」感想

カードキャプターさくら (アニメ版)
第三十二話「さくらとケロと小狼と」

すごい笑えるお話でした!

以下、ネタバレを含んだ感想となります!

入れ替わっているw
李くんの姿で大阪弁、ケロちゃんの姿で標準語は笑ってしまいますねw
知世ちゃんの気持ちがよくわかりますw

あ、タイミングがいいのか悪いのかケロちゃんが料理を作ることに・・・
レシピとか見なかったのかな?
いや、ケロちゃんなら勢いで作りそうですねw

李くん赤くなってる!
ぬいぐるみの状態ではありますが、好きな人に抱きしめられたら赤くなっちゃいますよね!
李くんにとって唯一体が入れ替わってよかったことかもしれない・・・

お互いに苦労している・・・
ケロちゃんは美味しくない料理を食べることになりましたし、李くんは小さい体で移動すらままならない・・・
普段の自分と違うって大変です!

ケロちゃんw
やりたい放題ですねw
李くんのイメージが・・・
体が元に戻ったあと次の日の学校へ行くのがちょっと嫌になったりしなかったかな・・・

知世ちゃんにはお見通しですねw
ケロちゃんのことも李くんのことも知っている知世ちゃんだからこそ気付けたのかな?
知世ちゃんは二人の体が入れ替わったことについてかなり楽しんでましたねw

四足歩行w
さくらちゃんのフォローがなかったらまた李くんのイメージが傷つくところでした!
んー、今回の件は李くんの被害の方が大きかったように思います!

あ、そっくりなぬいぐるみ・・・
色んな偶然が重なって波乱万丈な一日になりましたねw
でも、チェンジで入れ替わったのが事情を知る二人でよかったとも言える?

あ、夢ですかw
びっくりしたw
李くんにとっては悪夢ですねw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。