カードキャプターさくら (アニメ版) 第三十九話「さくらのふらふら熱曜日」感想

カードキャプターさくら (アニメ版) 第三十九話「さくらのふらふら熱曜日」

ふらふらでした!

以下、ネタバレを含んだ感想となります!

さくらちゃんは熱?
平気です?
学校へ行かなきゃなのですね・・・
大変です・・・

お父さんを気遣って・・・!
さくらちゃんいい子です!
でも、お父さん的にはさくらちゃんに言ってほしかったんじゃないかな?

李くんと苺鈴ちゃんも心配そう・・・
最初はいがみ合っていましたが、やっぱり仲良くなってきてますね!
知世ちゃんも心配して一緒に帰るって言ってくれましたし、みんないい友達です!

あやしい雲が・・・
さくらちゃん体調不良でもクロウカードは待ってくれない・・・
クウラドは何をするカードなのでしょうか?
雲を出すだけじゃないですよね?
その町で日が昇らなくなるとか?
それはえぐすぎるかな・・・

あ、ミラーですか!
初めて使ったかな?
お兄ちゃんにはばれてましたけど、上手い使い方ですよね!

お兄ちゃんはだいぶ前から気付いていたのですね・・・?
一体いつから・・・?
お兄ちゃんは特殊な力を感じ取れるようですし、もしかして最初から・・・?

撫子さんがずっと見守ってくれていたのですね!
おかげで熱も下がったようですし、よかったです!
いや、熱の時だけでしょうか?
クロウカードを封印するときにも見守ってくれていたり?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。