カードキャプターさくら (アニメ版) 第一話「さくらと不思議な魔法の本」感想

カードキャプターさくら (アニメ版)
第一話「さくらと不思議な魔法の本」

原作と比べてみるのも楽しいですね!

以下、ネタバレを含んだ感想となります!

ジャンプとは戦わないのです?
と思ったら戦う順番が違う?
ウィンディーが最初からというのは一緒ですが、次フライでしたね!

まだカードキャプターになっていない?
原作とはちょっと始まり方が違いますね!
これはこれで自然かも?

知世ちゃんはさくらちゃんが大好きなのですねw
カードキャプターになる前からさくらちゃんのことを撮っていたとは・・・
もはやファンですねw

え、さくらちゃんバク転もできるのです・・・?
運動神経がいいとは聞いていましたけど、ここまでとは・・・
さくらちゃんの圧倒的な運動神経と魔法の力でクロウカードたちを捕まえていく感じかな?

急に不穏・・・
アニメ版だとなんだかホラー・・・
それでも泥棒かもと思って見に行くさくらちゃんは勇気がありますね!

地下書庫!
いいですね!
原作で言う書庫とは地下にあったのですね!
こんなにたくさんの本に囲まれたら幸せ・・・

やっぱりなんでお父さんの書庫にクロウカードの本が・・・?
あ、お父さんは考古学の先生でしたっけ・・・
かなり古い本だったから考古学的な価値があると思われていたとか?

あ、カードがどんどん飛んで行っている!
アニメ版だとさくらちゃんが解放してしまうのですねw
ケロちゃんの失態がなかったことに・・・

え、フライでか・・・
怪物感がすごいw
あれは、さくらちゃんじゃなくてもしり込みしますよねw
あ、フライがケガしているという設定は・・・?

召喚の演出がかっこいいですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。