カササギ殺人事件 上 アンソニー・ホロヴィッツ 山田蘭訳 感想

カササギ殺人事件 上
アンソニー・ホロヴィッツ
山田蘭訳

面白いです!
続きも気になりますし、これは良作!

以下、ネタバレを含んだ感想となります!

どうやらアガサ・クリスティーのオマージュ作品らしいです!
でも、私の読んだことない作品かな・・・
これを機にアガサ・クリスティーの作品を読んでみようかな・・・

すごいいいところで終わりましたね!
マシュー・ブラキストンが自分の妻を殺したということは、少なくともメアリを殺害した犯人はマシュー?
直接とも限らないかな?
マシューの行動が原因で間接的にメアリを殺してしまったってこともあり得ますよね?
むむむ、結局犯人が分からない・・・

怪しい人だけ抜き出してみる?
登場人物は
アティカス・ピュント
ジェイムズ・フレイザー
サー・マグナス・パイ
レディ・フランシス・パイ
フレデリック・パイ
クラリッサ・パイ
メアリ・エリザベス・ブラキストン
マシュー・ブラキストン
ロバート・ブラキストン
トム・ブラキストン
ネヴィル・ジェイ・ブレント
ロビン・オズボーン
ヘンリエッタ・オズボーン
エミリア・レッドウィング
アーサー・レッドウィング
エドガー・レナード
ジョージー・サンダーリング
ジェフ・ウィーヴァー
ダイアナ・ウィーヴァー
ジョニー・ホワイトヘッド
ジェマ・ホワイトヘッド
ジャック・ダートフォード
レイモンド・チャブ
結構いますね・・・

この中でメアリ殺害に関して怪しそうなのは
・マシュー
・ロブ
・ジョイ
・ブレント
・ジョニー
くらい?
ピュントがロブとジョイ、ブレントの可能性は低いって言ってましたから、残るのはマシューとジョニーくらいでしょうか?
ピュントの言葉をそのまま受け取るならマシューが犯人、マシューが間接的に殺したって意味なら犯人はジョニー・・・?
んー、マシューとジョニーの関係が不明ですね・・・
この線はないかも・・・
う、推理は難しいです・・・

マグナス・パイ殺しは?
犯人がそもそも同じとも限らないんですよね・・・
メアリ殺害の犯人はある程度絞れましたが、マグナスの方は色んな人から恨まれていそうですから容疑者は結構な数になりそう・・・
その人が死んで得をする人物が犯人とはよく聞きますが、割とみんな得しそう・・・
ピュントはこの中から犯人に目星をつけていたのですか!
さすが名探偵・・・

ピュントの人となりはかなり好きです!
思慮深い紳士って感じです!
極力人を傷付けまいとう精神が素晴らしいです!
どんな容姿をしているのかな?
ちょっと挿絵が欲しかったかも・・・
映画化とかしないかな?

そういえば、この作品はアラン・コンウェイって人が書いた設定になっている?
なんでそんな設定に・・・?
シャーロック・ホームズシリーズの作者がワトスンくんっていう設定と同じ感じかな?
でも、シャーロック・ホームズの場合はワトスンくんが作中に登場するんですよね・・・
こっちはアラン・コンウェイって名前は全然出てきませんし、一体どういうことなのでしょうか・・・
下巻で登場するのかな?
んー、上巻で登場しなかった人物がこの作品を書いたっていう設定は何か意味が・・・?
ということは、下巻でも登場しない・・・?
実は登場人物の誰かが偽名を使っているとか?
あ、そもそもアティカス・ピュントシリーズがすでにたくさん出ているという設定にもなっていましたね・・・?
うーん、これは下巻がすごい気になります!

最終的には意外な人物が犯人だったりするのかな?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です