やさしすぎるあなたが、少しずつ自分を出す練習 井上裕之 感想

やさしすぎるあなたが、少しずつ自分を出す練習
井上裕之

もう自分の心を犠牲にしなくていいですよ。

そんな本でした!
優しすぎる方はどんどんいろんなものをため込んでしまうのかも?
相手のことを想うばかりに様々なことを引き受けてしまってそれが重荷になっちゃうようです!
そのためには断わる勇気や近すぎる距離を少し調整してみるのがいいみたいですね!
何事もバランスが重要ってことなのかな?
お互いに相手のことを思いやる気持ちを持ちたいですね!

相手に合わせてしまう人はありのままに生きることを心がけるといいみたいです!
人と違うことをすると受け入れてもらえるか不安になるかもですが、きっと共感してくれる人はいますから自由に生きることを井上さんはおすすめしているように思います!
捨てる神あれば拾う神ありってやつなのかな?

あと絵がいっぱい書いてありました!
なんだか優しげな絵です!
もしかして心理学的に癒し効果のある絵だったりするのかな?
井上さんはお医者様なだけでなくセラピストでもあるようなので十分ありそう!

対人関係で何か我慢している人はこの本を読んだら何か変わるかも?
あ、対人関係で何も我慢していない人ってそうそういないですよね・・・?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です