もののべ古書店怪奇譚7 紺吉 感想

もののべ古書店怪奇譚7
紺吉

すごいハラハラする展開ばかりです!

以下、ネタバレもあります!

近藤さんついにばれましたか・・・
正太郎の推理力はさすがですね!
さながら探偵でした!
そしてとっさの判断もすごい!
近藤さんを少し泳がせておくようですが、キョウカさんはそれさえも計算に入れて行動していそう・・・

志波さん仕事が早い!
ぱぱっと調べてくれましたね!
ただキョウカさんなら罠をはっていそうな気も・・・
自分のことを調べたら分かるようにしてたりしないかな?
キョウカさんの行動が読めな過ぎてどこに罠が仕掛けてあるか分からない・・・

結局みんなグルでしたか!
たくさんの鬼に囲まれた時絶体絶命かと思いきや、リョウエノカミが助けてくれましたね!
すごい良いタイミングでした!
まるでヒーロー!
そして、かっこよかったです!
格の違いを見せつけましたね!

近藤さんって実はかなり有能?
準備が本格的でしたね!
それと、近藤さんは行動力がある!
地道に頑張っていますし、大成しそう!

覗かれてるシーンはすごい怖かったです・・・
新興宗教関連のお話ってちょっとサイコな感じや、貼り付くような笑顔、それと監視の目があるイメージでいつもちょっと怖いです・・・
でも、その怖さが癖になったり・・・
あ、新興宗教のお話でどの作品も同じような感じになるってことは、世間一般の考える新興宗教がそういうイメージってこと?

時常さんの差し金でしたか・・・!
理狐さんは一体どうなってしまうのでしょうか・・・
人間らしいですし、これは時常さんに殺されそうな気も・・・

常に陰謀が渦巻いている・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です