もののべ古書店怪奇譚4 紺吉 感想

もののべ古書店怪奇譚4
紺吉

ふと思ったのですが、もののべ古書店怪奇譚ってすごい語感がいいですよね!
口に出してみるとなんだか気持ちいい!

表紙の方はどなた?
って思っていたら4巻初登場のキャラクター!
登場した巻の表紙になるってことはそれなりに重要なキャラクターなのかな?
私はてっきりマユあたりが表紙になると思っておりました・・・

「やまめぐり」の最初の方に登場するばぁばがすごく怖くありませんでした・・・?
いつもは可愛い絵柄なのに、唐突なホラーでびっくりします・・・
あと「かきおこし」の最後の方に出てきた八重さんの亡霊みたいなのも怖かった・・・

前巻、前々巻に引き続き桜子さん、志波さんが登場!
もうすっかりメインキャラクターですね!
しかも桜子さんは志波さんに惚れている様子!
これは恋の行方も気になりますね・・・
それとキョウカさんはすごい美人さん!
ふむ、作中で一二を争う美人さん・・・
鬼の世界にかなり深入りしているようですし、キョウカさんも当然鬼なんですよね・・・?
色々と企んでいるようですが、敵なのか味方なのか・・・
すごいあやしげな雰囲気をまとっておりますから、やっぱり敵ですかね・・・?
ちょっと残念・・・
あ、キョウカさんは桜子さんの恋のライバルになり得る・・・?

一番最後の場面でマユの様子がだいぶおかしかったのですが、この後の展開が気になる!
最終的にハッピーエンドになるのかな・・・?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です