まわりにいい影響をあたえる人がうまくいく ボブ・トビン著 矢島麻里子訳 感想

まわりにいい影響をあたえる人がうまくいく
ボブ・トビン著
矢島麻里子訳

あなたの人生をうまくいかせる最短の道はまわりの人をうまくいかせることです

著者のトビンさんはかなり優しい人なのかも!
文章が柔らかくてとても読みやすかったです!
トビンさんはまわりへいい影響を与えてるみたいですね!

ポジティブな影響を与える人が成功するみたいですね!
以前読んだアダム・グラントさんの「GIVE AND TAKE」と内容が似てるかも?

合間合間に偉人の言葉がとても勇気づけられます!
どうして偉人の言葉ってこんな魅力的なのでしょうか?
やっぱりすごい方は発言もすごい?

ポジティブといえばコウペンちゃん!
コウペンちゃんはいつもちゃんと人の話を聞いて、褒めたりしてくれますから、この本の題名の通りならコウペンちゃんはうまくいっているってことですよね!
さすがコウペンちゃん・・・!

そういえば、巻末にトビンさんの写真が掲載されていたのですが、とても優しそうな方でした!
穏やかでユーモアな印象!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です