まおゆう魔王勇者 エピソード0 砂丘の国の弓使い 著/橙野ままれ 感想

まおゆう魔王勇者 エピソード0 砂丘の国の弓使い
著/橙野ままれ

老弓兵の過去編!

以下、ネタバレを含んだ感想となります!

老弓兵は先代勇者の元パーティーメンバーだったのですね!
道理で強いと思いました!
二人の勇者のパーティーにいた男ですか・・・
なんてかっこいい・・・

あとすっかり騙されました!
女勇者の元パーティーメンバーである弓使い=老弓兵かと思っていたら、剣士の方が老弓兵でしたか!
挿絵で見た老弓兵と弓使いの髪型がそっくりだったのはミスリードだったのかな・・・

それと以前勇者の過去にちらっと出てきた老賢者は女勇者の元パーティーメンバーである魔法使いだったのですね!
女勇者の元パーティーで生き残った二人が次世代の勇者を教え導いたのですか・・・
グッとくる展開ですよね!
んー、勇者は老賢者と老弓兵が旧知の仲だって知っていたのかな?
勇者は老賢者を結構慕っていましたから、老弓兵から話が聞けたらだいぶ喜びそうな気も・・・

老弓兵の過去編以外にもまおゆうの前日譚が収録されておりました!
先代冬寂王は初登場かな?
すごい高潔な人物だと思いました!
さすが冬寂王のお父様です・・・!

メイド長は以前暗殺者だったのですね!
ただものではないと思っていましたが、まさかの暗殺者!
メイドゴーストとかを出せるのも暗殺者のスキルだったりするのでしょうか?
あ、魔王とメイド長が出会ったのはどれくらい前なのでしょうか・・・
確か、図書館族って長生きなんですよね?
図書館族は単一の種族からなるのではないとしたら、長生きってどういうことです・・・?
んー、瀬良の図書館ってもしかして時間の流れが違う?
もしそうだとしたら、なんて魅力的な図書館でしょうか・・・
無限に本が読める!

これは他の番外編も楽しみです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です