ぷよぷよ! 15th anniversary クルーク編 漫才デモ 感想

ぷよぷよ! 15th anniversary
クルーク編 漫才デモ

クルークは努力家!

以下、ネタバレを含んだ感想となります!

クルークは自己顕示欲が強い?
いや、目標を高く据えている?
志が高いのはいいことですよね!

あれ、クルークは手を抜かれていたのです?
クルーク子ども扱いされている?
アミティってたまに大人のお姉さんな感じになりますよねw

あれ、クルークまだあの魔導書を持っていませんか・・・?
また体を乗っ取られちゃうんじゃ・・・
いや、あの時は色々アイテムを持っていたから体を乗っ取られたんですもんね?
それさえなければ平気なのかな・・・

クルークも本が好きなのですね!
かなり読書をしているのかな?
だから自信がついたとか?

フェーリってすごい占い師だったのです?
クルークとフェーリはあんまり相性が良くないのですねw
同じ人物に憧れを抱いているのに相容れないとはw

あれ、以外にもレムレスと戦わなかった・・・
憧れの人に勝っちゃうとクルークのお話が続かなくなっちゃうから?
二人の会話を聞いてみたかったような・・・

クルークは何を言っているのですかw
ルルーの魅力に当てられました?w
というか、ルルーって何歳なのでしょうか・・・
クルークは一瞬おばさんよばわりしていましたが、ルルーの見た目っておばさんって感じじゃないような・・・

メダルさんは相変わらず願いをかなえてくれてない気がしますw
もしかして、メダルにそんな力はない・・・?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です