ふたりの距離の概算 It walks by past 米澤穂信 感想

ふたりの距離の概算 It walks by past
米澤穂信

新入部員?
かと思いきや、結局入部せず・・・?
みたいなことが背表紙に書いてありました!
とっても気になるあらすじですね!

以下、ネタバレもあります!

大日向さんは結局入部しませんでした!
ちょっと残念です・・・
でも、大日向さんが友達との関係にケリをつけたら本入部してくれる可能性もある?
そうなることに期待ですね!

ふたりの距離とは物理的な距離と心の距離の両方を表していたのですね!
上手いタイトルです!
文章もついつい読んでしまうような魅力あふれるものですし、ギャグセンスもある!
米澤さんは天才かもしれない・・・
これはアニメ化したのも納得です!
ちょっと気になって調べてみたらアニメ版は「遠まわりする雛」までしかやっていないみたいです!
絵柄も可愛いみたいですし、奉太郎や千反田さんの声がどんな感じか気になります!
見てみようかな・・・

そういえば、前巻「遠まわりりする雛」の最後で奉太郎は千反田さんのことが好きだと自覚したはずでしたが、今回はあんまりそのことに触れませんでしたね・・・
気になっていたのに・・・
あ、奉太郎の誕生日パーティーで奉太郎も千反田さんも招き猫について触れなかったのはお互いに意識しているってことになったりしないかな・・・?

徐々に謎が明らかになっていく感じが推理小説っぽい感じがすごいしますね!
なんだか謎解きゲームをやっているような?
ただ奉太郎の閃きはやっぱりすごい・・・
細かいところまで見ていますし、それに覚えている!
千反田さんのことをすごい記憶力と称していましたが、奉太郎も結構なんじゃないかな!
細かいところに気づき、細かいところを覚えている。
名探偵になる条件の一つかも・・・

あと里志と伊原さんはお付き合いを始めたそうで!
ついにですか!
ふたりがどんなお付き合いをしているか気になりますね!
ただふたりがデレているところはちょっと想像できませんね・・・?
もうあと二、三巻くらいしたら奉太郎と千反田さんもカップルになるかな・・・?
期待!

奉太郎はもうすっかり名探偵!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です