であいもん3 浅野りん 感想

であいもん3
浅野りん

一果ちゃんの冷たい目はお母さん譲りでしたか・・・

ネタバレを含んでます!

一果ちゃんのお母さんも美人さん!
あのような美しいお母さまがいれば一果ちゃんが可愛いのも納得です!
てっきり一果ちゃんがお母さんに連れて行かれちゃうのかと思いましたが、緑松に戻ってきてくれてよかったです!
お母さんの関係とも良好のようですし、一件落着って感じ!

和のお父さんはなんだかんだ優しい!
和菓子教室のために専用のプリントを作ったり、何つくるかちゃんと考えたり子どもに楽しんでもらうためにばっちり準備してましたね!

そういえば、であいもんの各お話のタイトルは響きの良い物が多いような気がします!
3巻で言うと、「秋色に舞う」とかが好きです!
浅野さんは言葉選びが上手い・・・
それとあとがきも結構好きだったり!
あとがきによると一果ちゃんがヒロインだそうですから、まさか本当に一果ちゃんと和が・・・?

新キャラ登場!
緋色さん!
名前的にシャーロックホームズの緋色の研究を思い出します!
それと名字が私市(きさいち)というらしいです!
かなり珍しい名字なのでは・・・?
全国に一体何人いるのか・・・
気になって調べてみたら全国でおよそ850人いるらしいです!
意外といる!
私がただ会ったことないだけかな・・・?
そして緋色さんは政さんのことが好きみたいですね!
でも、政さんって既婚者なんじゃ・・・
いや、わかりませんね・・・?
気になる・・・

和が誘うといつも一果ちゃんは冷たい目をする気がします!
何故・・・?
照れ隠しなのかな・・・
あ、チャラいと思われている可能性がワンチャン・・・
でも最終的に手作りの一緒にお出かけ券をくれましたし、かなり仲良くなってきているみたいですね!
ん、これがツンデレって言うのかな・・・?

はて、和はクリスマスをどうするのか・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です