すべてがFになる THE PERFCT INSIDER 森博嗣 感想

すべてがFになる THE PERFCT INSIDER 森博嗣 感想

素晴らしい作品です!

以下、ネタバレを含んだ感想となります!

しかもシリーズ物なのですね!
犀川先生と萌絵さんの小説が続くのは嬉しい・・・

犀川先生は多重人格者なのです?
それぞれが独立していてたまに出てくることがある?
それが犀川先生にとっての閃きになるのかな・・・?

まさか未来さんが四季さんだったとは!
完全に妹だと思っておりました・・・
新藤所長とグルだったのですね・・・
そして、その新藤所長も殺されてしまいましたからそのことを知るものは誰もいない・・・
はずだったのに犀川先生が謎を解き明かしたのですね!
犀川先生すごいです!

15年間全くバレずに娘を育てるとは・・・
さらにはその時点でレッドマジックに種を仕込んでいたのですね・・・?
四季さんすごすぎる・・・
結局犀川先生が尾行されていたというのも図書館で萌絵さんと会う前日までという話ですから、当日は尾行されていなかったということになりますよね?
じゃあ、四季さんはまだ捕まっていない・・・
またどこかで出てきます?
出てきたとしてもそう簡単には捕まらないんじゃないかな・・・

儀同さんは犀川先生の妹さんだったのですねw
私もすっかり恋仲か何かかと・・・
これなら萌絵さんにもまだワンチャンありそうですね!

四肢が切断された状態で運ばれてくる死体・・・
怖すぎじゃないです・・・?
あのようなものを見たらトラウマになりそうです・・・
そして、あれだけ目立つ死体を用意したら他に目がいかなそうですから、やっぱり四季さんはすごい・・・

真賀田研究所の設備はすごかったですね!
特にデボラは素晴らしい・・・
移動に合わせて照明をつけてくれたり、電話を受けて担当者に回してくれたりと超高性能です!
四季さんがつくっていたレッドマジックのバージョン6が気になりますね・・・

素晴らしいミステリーでした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。