うどんの国の金色毛鞠 6 篠丸のどか 感想

うどんの国の金色毛鞠 6
篠丸のどか

日常系もいいですよね!

以下、ネタバレを含んだ感想となります!

DJ!
お坊さんなのにDJってギャップがいいですねw
俊亮さんはかなりタヌキの伝説に詳しいようですから、今後何かあれば情報をもらえるかな?

うどんの国の金色毛鞠を読んでいるとおなかが空いてきますね・・・?
ご飯がどれも美味しそう・・・
うどんが食べたい・・・

ポコの本能はタヌキに近い?
宗太のセーターとかを巣穴に持ち込んだようですが、人間状態の時はそういうことをあんまりやらない気がする・・・
ある程度はタヌキの本能に従って人間生活を送っている感じかな?

なかじは昔凛子さんのことが好きだったのですね!
それなら凛子さんが結婚したときにちょっとショックだったのかな・・・?
んー、なかじが結婚しない理由って忙しい以外にもこういうところにある?

凛子さんがお母さんになる!
ということは、ポコがお兄ちゃん的なポジションになるのかな?
そういうお話もちょっと読んでみたいかも・・・

凛子さんは料理があんまり得意じゃないのですね・・・?
家ではいつもどうしていたのでしょうか・・・
外食?
いや、優しそうな旦那さんでしたからいつも作ってくれているのかも!

ポコは幻を見せることもできるのですか!
そもそも化けるのも幻術の一種?
いや、触れられてますし、幻じゃなくて実際に形を変えている?
ふーむ、タヌキの術には謎が多い・・・

ポコが保育所デビューするようですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です