うどんの国の金色毛鞠 1 篠丸のどか 感想

うどんの国の金色毛鞠 1
篠丸のどか

面白いです!
続きが気になりますね!

以下、ネタバレを含んだ感想となります!

宗太はうどん屋を継ぐのでしょうか?
というか、何にも教わってないんでした・・・
継ぐも何もない・・・?
でも、お店自体はあるんですし、始めようと思えば始められる?
気になる・・・

ポコが可愛いです!
言葉をあんまり知らないあたりがすごい赤ちゃんっぽい!
これから宗太と一緒に生活したらどんどん言葉を覚えていってしゃべれるようになる?
ふーむ、ポコを東京に連れていくとは思えませんし、やっぱりこのまま香川に残るのかな?

ポコは既に長い時を生きているのでしょうか・・・?
化け猫とかは長生きした猫がなるイメージですが、化けダヌキはどうでしょう?
やっぱり長生きした後に化ける?
そうなるとポコって実は宗太より年上なんじゃ・・・
でも、姿は赤ちゃんですし・・・
ん、それとも化けダヌキという種族の可能性?
生まれた時から化ける能力を持ったタヌキ。
それならポコが仮に赤ちゃんでも納得!

宗太はもうすっかりポコの保護者ですねw
確かにまるで本当のお父さんのようです!
あ、ポコが成長したらそのうち小学校とか通わせなくちゃなのかな?
実際人間じゃなくて、タヌキですし、戸籍もないですよね・・・?
宗太の養子になる?
仮に養子になったとしても、ポコを一人で学校に通わせるのは不安がありますよね・・・
あー、でも、ポコがそのくらいの年齢になったらさすがにしっかりするかな?
というか、そもそも物語上の時間がそこまで進むとも限らない・・・
どんな風に物語が進んでいくのか楽しみですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です