あめつちだれかれそこかしこ 五 青桐ナツ 感想

あめつちだれかれそこかしこ 五
青桐ナツ

雰囲気のある表紙!

以下、ネタバレを含んだ感想となります!

カレンさん、不思議な方です・・・
お化けとかを全然恐れませんし、青司の様子をちょくちょく見に来る。
さらには神様からも何を考えているかわからないと言われていますし、一体何者なのです・・・?
実は見えていたりとか?
それとも全く見えないから自由にしている?
なんだか青司の反応もちょっと気になりますし、カレンさんのお話をもっと読みたいです!

今回は人に害をなすお化けが多かったような・・・
酒井くんたちもちょっと危なかったですし、青司はもっと危なかった!
あのまま精気を吸われていたら青司は死んでいたのでしょうか・・・
そうだとしたらかなり危なかった・・・
年男さんが怒るのも仕方なし・・・

年男さんは確かにちょっと過保護かもですねw
闇市からいろいろいい品を仕入れてきてくれたようですが、実際に青司が口にしていたらどうなっていたのかな?
本当に不老不死になったり、不思議な力を授かったりする?
青司はかなり嫌がりそうですが、稲造なら喜んだのかな・・・?

若いころの稲造はかなりやんちゃですねw
なかなかにリスクを取りますねw
まるで主人公?
稲造が主人公のお話もちょっと読みたくなってきました・・・

でも、あの稲造が娘大好きで婿いびりをするのはやっぱり想像できないですねw
人は変わるのですね?
若い稲造もいいけど、おじいちゃんの稲造ももっと見てみたいな・・・

青司がだんだん家の主人っぽくなってきたように思います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です