「気がつきすぎて疲れる」が驚くほどなくなる「繊細さん」の本 武田友紀 感想

「気がつきすぎて疲れる」が驚くほどなくなる「繊細さん」の本
武田友紀

「繊細さん」とはとても敏感な人のようです!
敏感なのはとてもいいことのように思いますが、行き過ぎると色々大変のようです・・・
そんな敏感な方たち、「繊細さん」のための本でした!

5人に1人が繊細さん?
結構な割合じゃないです?
これだともしかしたら自分が繊細さんということもありえますよね?
自分が繊細さんでも、そうでなくてもこの本を読んだら生きやすくなりそう!

繊細さんはどうやら感受性豊かな方でもあるようですね!
読書をしたり、映画を見たり、美術館へ行ったりしたら人より楽しめるのかな?
繊細さんは芸術への造詣が深そう!

あと繊細さんは人の気持ちに引っ張られやすい傾向があるみたいです!
楽しい人といれば楽しい気持ちに、落ち込んでいる人が近くにいると自分も落ち込んじゃう・・・
んー、これった例えばコウペンちゃんみたいな人と一緒にいたら繊細さんはすごい肯定的になり人を励ますようになる?
そう考えるとコウペンちゃんってすごい!

繊細さんにとって強すぎる刺激を回避したり、軽減する方法についても書いてありました!
どうやら繊細さんは五感のいずれかに特化していることが多いようで、それぞれの対処方法が書いてあってとても親切です!
色んな事に敏感な繊細さんにとってこの本はすごい有り難い存在かも!

ついつい自分を抑えがちな繊細さんは仲間を見つけられると輝けるようです!
価値観の近い人、共感できる人と一緒だと安心できますよね!
最初はちょっと怖いかもですが、自分をどんどん出していくと「類は友を呼ぶ」でどんどん価値観の似通った人と出会えるんだとか!
これは素晴らしい・・・
このやり方は繊細さん以外でも使えそうですね!

挿絵がちょいちょい挟まれていますが、すごい可愛いです!
かなり好きな絵柄かも・・・
どなたが描いているのかな?
後ろの方を見たら「イラスト 福田玲子」って書いてありました!
ちょっと調べてみようかな・・・

この本を読んだら輝ける繊細さんになりそう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です