「最高のリーダー」の秘訣はサンタに学べ エリック・ハーヴェイ著 フリン美穂訳 感想

「最高のリーダー」の秘訣はサンタに学べ
エリック・ハーヴェイ著
フリン美穂訳

短くて読みやすい!
要点だけパパっと読めていい感じでした!

サンタさん視点で語られる作風なのも読みやすさを手伝っているかも!
とてもビジネス書とは思えない・・・

リーダーとは希望を配る人みたいです!
どの本にも書いてある通り仕事ができる=リーダーに向いているってわけではなさそうですね?
仕事ができるっていうより心配りのできる人が向いているみたいです!
リーダー=サポート役って言うのが一番近いのかも?

従業員のニーズを調べたりするのも重要みたいです!
人材は宝ってことなのかな?
確かに一人じゃできることにも限界がありますし、みんなで力を合わせた方が楽しいしより良い成果を上げられそう!
そのためには従業員の働きやすい環境を作っていくのが大事のようですね!

そしていろんなタイプの人間を雇った方がいいみたいです!
多様性があればこそ色んなアイディアが出てきて業務が改善されるんだとか!
みんなちがってみんないい!

それとやっぱり褒めることはいいことみたいです!
リーダーが従業員をほめるだけではなく、従業員同士で褒める文化を作り上げれば言うことなしみたいです!
やっぱりコウペンちゃんこそ最高のリーダーなのかもしれない・・・

リーダーは無知でもいいみたい?
あ、完全に無知というわけにもいかないのでしょうが、人に何か聞く姿勢が重要みたいです!
三人寄れば文殊の知恵ってやつなのかな?
ん、文殊って何でしょう・・・?

知恵をつかさどる菩薩(ぼさつ)。普通、獅子(しし)に乗り、釈迦(しゃか)の左に侍する。
 「三人寄れば―の知恵」(三人も集まって知恵を出し合えば、すぐれた考えが出るものだ)

ふむふむ、すごい頭のいい菩薩ってことなのかな?
そういえば、アンドリュー・カーネギーも自分より優れた人を周りに集めた方がいい的なことを言っていたような・・・

サンタが一番大事にしているのは誠実さみたいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です