εに誓って SWERARING ON SOLEMN ε 森博嗣 感想

εに誓って SWERARING ON SOLEMN ε
森博嗣

またギリシャ文字が・・・

以下、ネタバレを含んだ感想となります!

ずっと付きまとうギリシャ文字!
山吹さんたちの周りでこのような事件が起きているのは偶然?
それとも何か仕組まれているのでしょうか?
仕組んでいるとしたら四季さん?
いや、四季さんは放任しているんじゃないかって犀川先生は言っていましたね・・・
じゃあ、四季さんに関係のある組織が暴走しているだけ?
そもそも山吹さんたちが狙われる理由もないような気がしますし、偶然かな・・・
それか関係があるのは犀川先生か萌絵さんかも・・・

まさか、バスが2台だったとは!
すっかり騙されました・・・
山吹さんたち以外の乗客視点でお話が進むときもありましたけど、柴田さん以外はみんな別のバスに乗っていたのですね・・・?
最後まで全然疑いもしませんでした!
森さん、上手いなぁ・・・

犀川先生の中には四季さんがいる?
これは比喩的な表現でしょうか?
それとも四季さんみたいに自分の中に人格を作り出したとか?

犀川先生ならこの一連のギリシャ文字事件がどういう理由で起きているか気付いていたり?
仮に犀川先生が気付いていたとしても、萌絵さんが聞かない限り犀川先生は何も言わなそう・・・
うーん、最終的にGシリーズはどういう終わり方をするんですかね?
四季さんが関わっているならまた最後に四季さんが出てくる?

山吹さんと加部谷さん、意外といい雰囲気・・・?
でも、加部谷さんは海月くんを意識していそうな気も・・・
でもでも、海月くんは萌絵さんのことが気になっているような・・・?
もしこの妄想があっているとして、何画関係になるんでしょうか・・・

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。