裏世界ピクニック ふたりの怪異探検ファイル 宮澤伊織 感想

裏世界ピクニック ふたりの怪異探検ファイル
宮澤伊織

ネットロアとは都市伝説の内、インターネットの掲示板やブログ等に由来するものを言うのですね!

以下、ネタバレを含んだ感想となります!

不思議なお話でした!
裏世界とは理解の及ばないところなのかも・・・
そのうち裏世界がどういう存在か解き明かしてくれるのかな・・・?

表紙が美しいです!
色合いがいいですよね!
それと光加減が好きかも・・・

なんだかすごいハラハラするお話ばかりでした!
いつも命がけ・・・
タイトルはピクニックですけど、全然ピクニックじゃありませんね・・・?

空魚の目は結局正体を見破っているわけではない?
「一つの事象についてのいくつもの様相を渡り歩くように認識している」とありましたが、あれはどういうことなのでしょうか・・・
物事を別の角度から見ているようなもの?
張りぼてを後ろから見ているようなものなのでしょうか・・・
だから結果として正体を見破るようなことになっている?
もっと解説が欲しい・・・

結構いろんな人が迷い込んでいるのですね・・・?
でも、作中で帰還できたのは空魚に鳥子、小桜さんのみ・・・
肋戸さんは死んじゃいましたし、軍人さんたちは今もさまよっているのでしょうか・・・

冴月さんは3か月も前にいなくなったんですよね?
鳥子には悪いけど、本当に生きているのでしょうか・・・
裏世界に慣れているとはいえ、そんなに長く裏世界で生きていけますかね・・・?
んー、逆にどういう状態なら生き残れますかね?
空魚のような目、鳥子のような手があっても難しいような・・・
裏世界だからこそ表の常識縛られず不思議な力で生き残っているとかならあり得る?

小桜のお金の出所ってどこでしょうか・・・
どこかの令嬢?
または既にどこかの社長?
はたまた家賃収入とかで働かずして収入を得ているとか?
ちょっと気になる・・・

そういえば、いつの間にか裏世界に入り込んでいることがちょいちょいありましたよね?
一回裏世界へ行った人はちゃんとした条件を満たしていなくても、裏世界に入っちゃうのかな・・・
そうなると、空魚と鳥子は今後も意図せずして裏世界に放り出されそう・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です