“文学少女”と慟哭の巡礼者 野村美月 感想

“文学少女”と慟哭の巡礼者 野村美月 感想

面白いです!

以下、ネタバレを含んだ感想となります!

また騙された!
というか、全然気づけなかった!
まさか千愛ちゃんも今回の事件に関与していたとは・・・
「死にたがりの道化」で既に事件を起こしていたので、今回はただの登場人物かと思ったら・・・
今までもちょいちょい登場していましたし、準レギュラーキャラクターになったのかと油断していたところに今回の事件!
文学少女シリーズは先の展開が全然予想できないです!

死にたくなるってことは絶望しているってことなんじゃ?
または罪の意識を感じている?
感情のない人間はそれすら感じられないんじゃ・・・
そう考えると千愛ちゃんにも感情はあるんじゃないかな?
遠子先輩ならそのあたりに気付いていそうな気も・・・

美羽さんのお話は一件落着って感じですね!
これで心葉くんもちょっとは落ち着けそうかな?
でも、まだ謎が残されてますね・・・
遠子先輩は存在しないはずってどういうことでしょう?
まさかすでに死んでいて幽霊・・・
ってことはないでしょうから、なりすまし的な感じ?
本物の遠子先輩はかなり前に亡くなっていて、戸籍を今の遠子先輩が使っているとか?
うーん、麻貴さんなら何か知っていそうですよね?

遠子先輩はいよいよ卒業しちゃいますし、それまでに遠子先輩の謎を解決する感じ?
ん、遠子先輩の謎を解くなら遠子先輩の手は借りられないですよね?
そうなると心葉くん一人で解決しなければならないのでしょうか・・・
麻貴さんに教えてもらうとか?
んー、えげつない対価を求められそう・・・
心葉くん一人じゃなくて、琴吹さんや芥川くん、千愛ちゃんに案外美羽さんも協力してくれたり?
あ、流くんは?
流くんなら遠子先輩の秘密を知っているんじゃ・・・

心葉くんの気持ちは誰に向いているのでしょうか?
美羽さんへの気持ちは落ち着いたようですから、琴吹さん?
好きになりつつある的なことは言っていましたけど、心葉くんは遠子先輩にだいぶ惹かれている気がする・・・
それとも、心葉くんの遠子先輩に対する気持ちは恋ではなく憧れのようなものなのでしょうか?

心葉くんが美羽さんの言葉に惑わされるあたりはすごいハラハラしましたよね・・・
琴吹さんや芥川くんとはぎくしゃくしちゃうし、心葉くんの気持ちはぐるぐるしてるし・・・
さらには飛び降りようともしていましたし、あのシーンは本当に危なかった・・・
千愛ちゃんもまさか心葉くんが美羽さんと一緒に飛び降りようとするとは考えていなかったのかな?
だから必死に止めた?
でも、あそこで千愛ちゃんが来てくれたからこそ、心葉くんも飛び降りるのをやめたんですよね?
いや、遠子先輩の存在もあったかな?
死なない約束をさせた千愛ちゃんと心の支えになっている遠子先輩、二人がいたからこそ飛び降りずに済んだのかも・・・

遠子先輩に秘密が気になる・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です