うどんの国の金色毛鞠 11 篠丸のどか 感想

うどんの国の金色毛鞠 11
篠丸のどか

え!

以下、ネタバレあり!

写真が・・・
半分狸の状態のポコが撮られてしまった・・・?
これはまずいんじゃ・・・
いや、案外合成写真とか、仮装していただけとかって思われないかな・・・?

ポコとの別れはそう遠くないうちに訪れてしまうのでしょうか・・・
そもそも人に化けていた頃の記憶を失うとは・・・?
んー、タヌキは不思議なエネルギーを持っていて、人に変身しているとそのエネルギーを使う。
人に化けている状態の記憶もそのエネルギーを使って保持しているから、エネルギーが完全に切れると人だったころの記憶も失われる、とか・・・?
ポコの記憶がなくなっちゃったら宗太はすごい悲しみそう・・・

さえちゃんはやっぱり宗太に気があるのですね!
今はポコのことで頑張っていますが、落ち着いたら恋仲になったり・・・?
あ、でも、ポコのことが落ち着く頃ってポコとお別れになるんじゃ・・・
そうなると恋愛ムードじゃないかも・・・?

なかじと三枝さんは気が合いそうですね!
悪くないお見合いだったんじゃないかな?
今は友達からですが、そのうち好意を寄せるようになったり?

うどんキッシュ!
そのようなものが!
美味しそう・・・
うどんの国の金色毛鞠は読んでいていつもおなかが空いてきます!

次で最終巻ですか・・・
どういう終わりを迎えるかな?
やっぱハッピーエンド?
そうなると良いな!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です