魔法科高校の劣等生 4 九校戦編<下> 佐島勉 illustration 石田加奈 感想

魔法科高校の劣等生 4 九校戦編<下>
佐島勉
illustration 石田加奈

分厚い!
500ページの届きそうな勢いです!

以下、ネタバレを含んだ感想となります!

魔法科高校の劣等生はこれが30巻以上もあるのですか・・・!
これは超大作です!
長編を書ける佐島さんはすごい!

結局達也も新人戦ですが、試合に出ましたね!
うーん、まさかの事態です・・・
ますます目立っているような・・・?
CADもいじれて戦闘スキルも高い。
達也が無双しています!
深雪さんも強いですし、司波兄弟は伝説になりそうですね・・・

一高が総合優勝ですか!
七草会長、渡辺先輩に十文字会頭。
この三人が抜きんでてますよね!
でも、三人とも三年生ですから来年には卒業しちゃうんですよね・・・
来年は厳しいかな?
あ、でも、二年生になったら司波兄弟も本戦に出るでしょうし優勝を狙えそうですね!

達也と一条くんはライバルっぽい感じがしますよね!
この先もちょいちょい争うことがあるのかな?
あ、でも、また達也が勝ったら「十師族の威厳が~」とかってなるのかな?
うーん、そう考えると二人を争わせるのは無理があるかも・・・
争わなくても顔を合わせる機会はグッと増えそうですね!
深雪さんに会いに来て、達也に追い返されるパターン?

新人戦のモノリスコードは盛り上がりましたよね!
達也だけでなく、レオや幹比古も活躍していました!
でも、三人とも二科生なんですよね・・・
これでちょっとは二科生も見直されるようになるかな?
いや、なかなか認められない一科生が猛反発する可能性も・・・

達也の次の活躍が楽しみですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です