葬送のフリーレン Vol.1 【原作】山田鐘人 【作画】アベッカサ 感想

葬送のフリーレン Vol.1
【原作】山田鐘人
【作画】アベッカサ

面白い!

以下、ネタバレを含んだ感想となります!

表紙をめくった一ページ目。
この演出がいい・・・
残されたフリーレンって感じですね!

魔王を倒した後の長い時を生きるエルフのお話ですね!
新鮮です!
ヒンメルの人となりを知るお話になるのかな?
フリーレンはちょっとずつ人に興味を持つようになる?
今後の展開が楽しみですね!

フリーレンって何歳なのです・・・?
というか、エルフって容姿が全然変わらない?
少なくとも1000年は生きているんですよね?
1000年程度では容姿が変わらないほど長生きなのかな・・・
それか、ある一定の容姿まで成長したらその後寿命で死ぬまで容姿が変わらないとか?

時間の経過が早いです!
フェルンがどんどん成長していきますね!
どこまで時間が進むのかな?
フェルンがおばあちゃんになるまでとか?
そのあとは?
また別の弟子を取るのでしょうか・・・
ちょっといいかも・・・

強力な魔法があって、それを研究して防御魔法が発達した。
という設定は面白いですね!
フリーレンの世界の魔法史を私も読んでみたいな・・・

この世界にはどんな種族がいるのでしょうか?
エルフに、ドワーフ。
ヒンメルやハイターはなんて種族かな?
まさかそのまま「人」?
魔王城とかある世界ですから魔族とかもいるのかな?

続きがすごい気になる作品です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です