嘘解きレトリック 10 都戸利津 感想

嘘解きレトリック 10 都戸利津 感想

表紙もいいけど、袖に描いてあるカラーイラストも結構好きだったり・・・

以下、ネタバレも含んでいる感想となります!

ちょっと調べてみたら雑誌で連載していた頃に雑誌の表紙を飾った時のイラストだったみたいですね!
うーん、すごい魅力的なイラストです・・・
それと扉絵が単行本の表紙になっていたりも?

完結ですね!
ハッピーエンドだったと思います!
史郎さんはけがもなく、自首しましたし、祝先生と鹿乃子さんは両想いだし、君ちゃんとも仲直りできましたね!

そういえば、鹿乃子さんの着ている着物がだんだんと良いものになっているような・・・
当初と比べて柄の可愛いものが増えましたよね!
くら田のおかみさんがくれるのかな?
それとも都会だとハイカラなものしか売っていないとか・・・?
いや、鹿乃子さんがおしゃれさんだという可能性も!

君ちゃんと仲直りできましたし、これからはちょくちょく遊びに来たりして!
以前は色々あって仲違いしてしまいましたが、今はもうわだかまりもだいぶ溶けたような感じですよね?
そういう後日談も読んでみたかった・・・

あと史郎さんのことも気になります!
出所後は実原さんが引き取るとは・・・!
なんてお心の広い・・・
その後はなんて名乗るのかな?
苗字も名前も今までずっと偽名でしたから、本当の名前ってないですよね?
最初に出会ったときは史郎さんと名乗っていましたから、鹿乃子さんたちはずっとそう呼んでいますが、それも他人の名前ですし・・・
案外翡翠って名乗ったりするかな・・・?

あ、ふと思ったのですが、やっぱり武上さんは史郎さんを本気で逃がそうとしたのでは?
あれから何年も経って、面影はあるでしょうが史郎さんの容姿もだいぶ変わりましたよね?
それでも、すぐ誰だか分かったということはずっと気がかりだったり覚えていたりしたってことじゃないかな?
武上さんは史郎さんに生きてほしかった。
そう信じることにします!

鹿乃子さんの嘘が聞こえる能力もいつか消えてしまうのでしょうか・・・
史郎さんも使えたのは子どものころだけですし、もしかして、大人になると消えちゃう能力・・・?
うーん、男女の違いもありますし、何が理由で聞こえるのかわかりませんから、どうだかわかりませんね・・・
都戸さんの中ではそのあたりの設定も考えてあるのかな?
気になる・・・

何はともあれいい終わり方でよかったです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です