伝記 世界を変えた人々1 キュリー夫人 ビバリー・バーチ[著] 乾侑美子[訳] 感想

伝記 世界を変えた人々1 キュリー夫人
ビバリー・バーチ[著] 乾侑美子[訳]

「ラジウムを発見、人々の幸せに役立てたポーランドの科学者」
だそうです!
実際読んでみるとキュリー夫人がいかにすごい方かわかりました!

ポーランド生まれの科学者だそうです!
女性初のノーベル賞受賞者で2度も受賞しているとのことです!
2度のノーベル賞受賞は世界初らしいです! すごい!
さらにはあの有名なアインシュタインもキュリー夫人のことをほめているみたいです!
相当すごい人物のようです…! これは伝記にもなりますよね…!

子ども時代はかなり苦労したようですが、とても勉強熱心だったみたいです!
伝記になるような人物は勤勉な方が多いような気がします!
そして折れない心? または習慣?
ラジウムの製造方法で特許をとれば遊んで暮らせるほどのお金が手に入るとも言われていたのに、特許は取らず科学技術の発展等に貢献するため特許は取らなかったと…
なんて素晴らしく美しい心…
私もキュリー夫人のような勤勉で清らかな心の持ち主になりたいです!

キュリー夫人はラジウムの研究途中で夫のピエールに先立たれてしまいました…
この時のキュリー夫人の心境はきっととても悲しいものだったのでしょう…
グッときました…

おそらくこの本は子供向けの本なのかな?
挿絵や写真が多く添えられておりました!
大人でも読みやすいかと思います!
シリーズものでまだまだ続きがあるみたいなのでしばらくこのシリーズを読んでみようかな!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です