ドラえもん のび太の月面探査記 感想

ドラえもん のび太の月面探査記

久しぶりにドラえもんを観ました!
ドラえもんってやっぱり面白い!
秘密道具にロマンがありますね!

以下、ネタバレを含みます!

脚本が辻村深月さんだと教えていただいたので見に行ってきました!
さすが、辻村さんです!
とても楽しめました!
あと主題歌の「THE GIFT」がとてもいい曲だと思いました!
しばらくこれをBGMにして過ごそうかな・・・

内容はのび太くんが月の裏側にウサギの王国を作るお話でした!
のび太くんの自由な発想にはいつも驚かされますね!
ウサギの王国を作るだけかと思いきや、月には本当に人がいたり、別の星まで行ったりとスケールがどんどん大きくなっていくのでわくわくの連続でした!
秘密道具がたくさん出てくるのも映画版ドラえもんの醍醐味ですよね!

アクションシーンもかっこいい場面が多かったと思います!
なんだかマーベル作品を思い出しました!
しずかちゃんがスーパー手ぶくろを使うシーンとかアイアンマンやガーディアンズギャラクシーっぽかったです!
特にかっこよかったシーンはドラえもんがひらりマントを使うシーンかな!
あれはかっこよかった・・・
それとドラえもんっていつもいいことを言いますよね!
これが深イイ言葉ってやつなのかな?

ムービットが可愛いです!
あのセンスは素晴らしい・・・
あとノビットも結構好きです!
発明品があべこべになっちゃうみたいですが、22世紀の技術を再現するって相当すごくないです・・・?
それとしずかちゃんがノビットのことを呼ぶとどうしても「のびったちゃん」って聞こえる・・・

小説版も読む予定ですが、内容は映画版と変わらないのかな・・・?
動きのあるシーンとかをどう表現するのか楽しみです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です